12月19日(土)

ノール・パ・ド・カレー日本人学校では、11月よりZoomにてクラスごとに遠隔授業を続けています。学校で会えない日々が続いていますが、12月19日に行われた遠隔終業式は、幼稚部から中学生まで全校生徒合同で、みんなの顔を見ることができました。

 

まず、各クラスの活動報告がありました。Zoomでの遠隔授業のため、難しかった点や、逆に遠隔授業だからこそできた活動など、先生方の工夫と生徒たちの頑張りが伝わってくる報告でした。

次に、無遅刻・無欠席賞の発表がありました。家庭での学習で、モチベーションが上がらない、集中できる環境づくりが難しい等の課題もある中、多くの生徒が無遅刻・無欠席で授業に臨んでいました。

最後に、先生からのお話がありました。今学期の、生徒、先生、保護者、それぞれの頑張りを称え、来学期も引き続き、みんなで頑張っていきましょうという前向きなお話でした。

 

今学期は、対面授業が再開し、学校で友達とともに学べる喜びを再認識した学期でした。11月に遠隔授業に切り替わり、Zoomを導入した新しい形での授業で、生徒たちは学習を続けています。生徒たちの頑張りと、それを支える先生方、保護者の熱意や工夫を共有できた、素晴らしい終業式となりました。