1月25日(土)

今日は、1月最後の授業でした。

授業後には、新小学一年生、新中学一年生向けの説明会もあり、春が近づいてくるのを感じますね!

 

〔1時間目〕

1時間目は、学校祭で歌う「パプリカ」と卒業式で歌う「さくら」の練習を合同で行いました。

パプリカは、去年の中学生が歌っていたのもあって、記憶にある子供たちも多く、はじめてにしてはスムーズに歌えていました。

 

〔2,3時間目〕

2,3時間目、3年生は「ありの行列」の文章全体の問いを探し出し、その謎を解明するために行われたウイルソンの2つの実験をまとめました。

実験内容とその結果をまとめ、ありが行列を作る理由や方法を確認しました。

難しい言葉も、国語辞典で調べて意味を確認しました。

二人ともとてもよく集中して、根気良く取り組んでいました!

国語ノートに頑張りが表れています。

 

2時間目、4年生は「のはらうた」の詩を振り返り、自分で考えた詩を作品に仕上げました。生徒たちのユーモアあふれる詩が完成したので、廊下に掲示してあります。本当に味のある良い詩です。

3時間目は、「うなぎの謎なぞを追って」を時系列に沿ってその調査方法を読みとり、その結果分かったこともまとめました。

先週の授業で、〇〇〇〇年というキーワードを全て探し出していたので、スムーズに取り組むことができ、なおかつ内容もよく理解できていました。

今日は91年までまとめましたので、残りは翌週行います。

集中してしっかり書き出すことができました。

 

〔4時間目〕

4時間目は、お話を聞いて自分の言葉で再表現するミニ作文を行いました。

もうすぐ節分ですので「泣いた赤鬼」のお話を聞きました。

すでに知っている子もいましたが、改めてお話を聞いていろいろ発見もあったようです。話を聞いた後に作文に取り掛かりました。

全員が、10分で原稿用紙1枚を埋めることができていました。