201501setsubun

①朝の会、出欠、今日の気分、学校のお約束 
この日は漢字検定があったため、まず子供たちに朝の1時間はなるべく静かに過ごすことを話しました。テストや試験という言葉がまだわからない子供たちが多くいましたが、「とても大事なことをしているんだよ」と伝えると、みんな意識してくれたように思います。
朝の挨拶は担任がねずみの声で行いました。
続く出欠も子供たちはねずみの声で静かに返事をしてくれ、となりでテストをしている人たちに気を配ることができていました。またどうしても音が立ってしまうので今日の気分は行いませんでした。

②節分のおはなし『泣いた赤鬼』(紙芝居)と『節分の鬼』(日本昔話)
先週子どもたちにお話した鬼のことを、みんなよく覚えていて「鬼はいつ来るの??」ととても気にしていました。「さぁ~いつ来るのかな~」と濁しつつ、節分に関係するお話を二つ紹介しました。『泣いた赤鬼』では、どうして青鬼が旅に出てしまったのか納得できない子もいましたが、赤鬼のように優しい鬼がいることを知ってほっとした様子の子もいました。
続いて『節分の鬼』のビデオを見ました。一人暮らしの寂しいおじいさんの家に愉快な鬼がたくさんやってくるお話で、子供たちも真剣に見ていました。
見終わった後に「悪い鬼が出てこなかったね」と これまたほっとした様子の子がいました。
外遊びに行く前に新聞紙で節分の豆を作りました。
みんなたくさん豆を作っていて、鬼をやっつけようとする意思がとても見られました笑
③外遊び
先週同様外に出て、遊具の所でスケートごっこをしたり、木のお家に潜り込んで暖を取ったりして楽しみました。
④工作(恵方巻き)
関西中心の行事かもしれませんが、節分には特別な海苔巻きを食べるんだよというお話をしました。
とある方角を向いて、切らずにかじって食べる様子を見せると、変な食べ方~と言わんばかりに笑いが出てきました。食べている間は喋ってはいけないんだよと話すとちょっとびっくりしている子もいましたね。
関西出身の子は恵方巻きという言葉を知っていました。
まず担任が恵方巻きの材料を紹介しました。黒い画用紙を見てすぐに海苔だと気づいた子もいました。
黒い画用紙に糊を塗り、綿(酢飯)をやさしくおいて、色紙ナフキンをくるくると巻きそれぞれ細長い卵、きゅうり、にんじん(すり身だ!という子もいました笑)にし、綿の上にのせて最後に一巻すれば完成です。
子どもたちは大好きな海苔巻を作るとあって説明もよく聞き、材料を取りに行って工作を完成させるまで自力で頑張っていました。出来上がった恵方巻きは本物のようにとてもおいしそうでした!!
子どもたちも大満足の様子で食べる真似をしたり、早くお母さんにあげたいと言っていました。
⑤おやつ
おやつの時にも、「いつ鬼が来るの~?」と子どもたちから鬼コールが出てきましたが、さぁいつかな~~と濁しましたが、もう待ちきれない様子でした。
⑥『はらぺこあおむし』練習
自由遊びの前に『はらぺこあおむし』の練習をしました。
先週より人数が増えたのもありとても大きな声で歌うことができました!!先週まで見られた怪獣のような大声ではなく、きれいな大声を出せるようになってきました。
今回は実際の舞台上での並び方も練習しました。
当日どうやって舞台に上がるのか、終わった後はどうするのかもお話しました。
子どもたちは自分が何番目に並ぶのかすぐに覚えていました。
今週自分がどこだったか覚えているか確認します!
鬼登場!
歌の練習が終わるころ、窓の外から人影が・・!すぐに気付いた子どもたちが「鬼だ―!!!」と言った一言を機に全員が瞬時に飛び散りました笑
すかさず作っておいた豆を握ってあっという間に臨戦態勢。鬼が部屋に入ってくるとせっかく覚えた「鬼は~外、福は~~内」も言えずただ悲鳴がこだましていました笑
子どもたちの中には怖がりながらも一定の距離を保ち豆を投げる子、果敢に鬼にぶつかっていく子、怖くなって泣いてしまった子など様々でしたが、鬼の登場にみんな喜んでいました。
ご協力いただいたお父さん方本当にありがとうございました!!!
子どもたちもまさかクラスメイトのお父さんとはすぐに気が付かなかった様子でした。
⑦自由遊び 
自由時間では、いつもの室内組と外組に分かれてそれぞれお絵かきや鬼ごっこを楽しんでいました。
⑧帰りの会
『気球に乗ってどこまでも』練習
先週よりメロディ部分がしっかり歌えていました!手拍子も揃うようになり、来週の補習校との合同練習が楽しみです。
紙芝居:『大工と鬼六』
みんなで鬼の名前が何なのか考えました。この鬼はちょっと怖い鬼でしたね。
最後に宿題シールを貼って終わりです。