五年生は「千年の釘にいどむ」、六年生は「森へ」の読解に挑戦しました。
新出漢字がどんどん難しくなり、さらには既習漢字を忘れてしまっている子も多い中、「森へ」と「千年の釘にいどむ」の読解はなかなか難しいものがありました。相互に意見交換をしながら課題に取り組んで、よく頑張っていました。クラスメイトと協力して読解プリントを進め、最終的にみんなプリントを完成させることができました。
他にもみんなで「漢字バトル」を行いました。
四年生で習った漢字のプリントを国語辞典や教科書を用いながら完成させるバトルです。プリントの漢字を埋め次第、先生の所へ解答カードを受け取りに来て、丸付け完了後に次のプリントに進みます。より多くのプリントをこなせた人がチャンピオン!
ゲーム感覚で楽しんでくれて集中して取り組めました。
前回の漢字バトルの最高記録は6枚!すごいですね!