三年生の知り合い 

竹内 舞子

 三年生、いろいろな子と知り合いました。

高橋美七海さんと徳井エマさんでした。

美七海さんは日日家庭でした。

一メートル五十くらいで、その時、四年生でした。

優しくて面白い友達でした。みんな、渡辺先生のクラスでした。

いつも休み時間や昼ごはんは一緒にいました。

徳井エマさんは、私たちと同じ学年でした。

日仏家庭で、その時、井上くんと同じくらいの身長でした。

エマさんは、おしゃべりで仲がすごく良かった友達でした。

学校外でも会っていました。

一緒に、佐野レイアちゃんの面倒を見るのが大好きでした。

学校祭も四人で楽しくやりました。

二人とも大好きだったので、学校を辞めた時、悲しかったです。

しかし、みんなと沢山思い出が作れてとても嬉しかったです。

 

四、五年生の時に来たアシスタント   

      

四、五年生の時、アシスタントの人と知り合いました。

私たちが四年生のころ、みんな渡辺先生のクラスでした。

クラスに友井先生と言うアシスタントが来ていました。

友井先生は、すごく面白くて、とても優しい先生でした。

みんな先生の事が大好きで、からかうのが好きでした。

最初先生に会った時、「何歳だろう。どれくらい学校に残るのだろう。優しいかな。」といろいろな事を考えました。

先生と休み時間の時も一緒に鬼ごっこなどするのが楽しかったです。

学校祭の練習の時も一人一人に、「何々をもっとしたらいいよ。」とアドバイスを言ってくれました。

五年生の時も、先生は来てくれました。授業の時、勉強を一緒にしました。

先生が日本に帰る時、私たちはすごく悲しかったです。二年間くらい、一緒にいてくれて、とてもいい思い出が沢山できました。