一番楽しかった学校祭                  

井上リヨン

四年生、一番楽しい学校祭の年でした。

学校祭ではいろいろな物を買ったり、食べたり出来て、とても楽しかったです。

特に一番楽しかったのは、前の舞台に出て自分のクラスで、えんぎと歌とおどりをひろう することです。

とても思い出に残ったのは、四年生の時です。

その時はエマさんもいて、エマさんとぼくが司会でした。

その時は「じゅげむ、じゅげむ」をやりました。

渡辺先生が、「今年はじゅげむ、じゅげむをやりまーす。」

と言った時、 ぼくは正直心の中で、「エー!何それ?!ええーーーー!」と思いました。

そして、三月の学校祭で舞台に上がると思ったら、緊張してきました。

舞台に上がる寸前まで緊張しました。

「ぼく、きちんとセリフ覚えていても、きちんと言えるかな?

大勢の人の前で きちんと出来るかな???」

でも、いざ始まったら、緊張するどころか楽しかったです。

終わったら、ぼくはきちんと出来たんだ。

そして一番嬉しかったのは、みんなに楽しんでもらえた事です。

その後、学校の全員で歌って、それからカレーを食べたり、だがしを食べたり 折り紙をしたりしました。

この年は、素晴らしい学校祭でした。