実際に本校に通われた卒業生にインタビューしました!

Lille日本人学校ってどんなところ?

私達ノール=パ・ド・カレー日本人学校は 小・中学生は文部科学省の指針に沿った国語の基礎を学習し、母語としての読む、書く、聞く、話すという運用能力を総体的に高めながら、学校生活を通して適切な日本語を身につける、さらに学校行事や日本文化を体験することで日本人としての心や考えにふれ、豊かな心と国際性を育てる事、を教育目標にしてます。

今回、お話しを伺ったのは、本校の卒業生、大野裕太郎さんです。                                  007        

今留学でこちらにいらしていますが、どこに在籍していますか?

現在慶応大学理工学部に在籍して、交換留学という形でEcole Centrale de Lilleに来ています。通常は2年の留学ですが、私は3年いる予定です。

かなり長い間いることになりますが、フランスの単位が日本で認められるということですか?

いえ、そういう形ではなく、形式上私は大学を中退して、このフランスの学校を卒業したら、大学院に入るというちょっと変わった形です。だからこの学校を卒業できないと、Ecole Centraleも中退、日本の大学も中退というのが最終学歴になります。

なるほど、背水の陣で勉強されているんですね。さて昔の話になりますが、まずフランスにきて困ったことを教えてください。

もちろんフランス語です。

つまり学校はフランスの普通の学校に通ったのですか?

フランスの学校ですが、英語とフランス語両方での授業があるインターナショナルスクールで、やはりフランス語には苦労しました。授業を理解するということ自体が大変でした。

ではその苦労された中で、おそらく心のオアシスになったであろう、日本人学校についての話を教えてください。いつごろ日本人学校に通っていましたか?

1994年から1998年の4年間、小学4年から中学2年の夏までです。

こちらに来たのは、ご家族の転勤ですか?

父の転勤についてきました。

お父様のお仕事のある町と、このマドレーヌは少し距離があるようですが?

そうですね、車で4,50分かかります。でも来ないという選択肢はないですね。

毎週通ってらしたわけですね。

そうです、当時は水曜日に授業があったので、国語を二時間、そして日仏と問題への取り組みや回答方法の異なる数学を一時間習っていました。

補習校以外の勉強はしていましたか?

当然宿題が出ていましたので、宿題は毎回しっかりとやっていました。あと家では通信教育もやっていました 

補習校の授業と通信教育の4年間の後、日本に帰国したわけですが、帰国後授業の理解に困難はありませんでしたか?。

補習校の授業では教科書に基づき勉強しましたので、日本に帰国し中学2年2学期から編入しましたが、特に問題がなくついていくことができました。 

その後問題なく高校、大学受験となったわけですか?

いえ、慶応義塾高校を受験して合格したので、大学受験はしていません。 

中学二年の途中で帰国して、中学三年で慶応高校に合格したということは、4年間のフランス滞在も、さほどブランクとしては問題にはならなかったということですか?

そうですね、ただ一つ苦戦したのは、漢字です。フランスでは覚えても普段の生活で使わないため覚えても忘れてしまいました。 

話を補習校に戻しますが、本校での思い出、楽しかった事、良かった事を教えてください。

まず良かった事は、週に1度学校に来て、同級生と日本語で一緒に遊ぶことができた事です。当時クラスに6、7人の生徒がいて補習校に来るのがとても楽しみでした。今でも友達関係が続いて友情が築けた事が良かったです。また楽しかった事は、一年に一度の学校祭です。学校祭では、発表があったり、スタンドがあったりとみんなで盛り上がった学校祭でした。とてもよい思い出になりました。 

では逆に、こうだったら良かったなあと思うことは、どんなことですか?

そうですね、補習校で唯一残念だと思った事は、同年齢の生徒の数が少なかったことです。もう少し同じ年齢の生徒数がいたらいいなと思いました。 

補習校以外の点で、フランスで生活した4年間でよかった事、またデメリットはなんでしょう?

フランスで生活し良かった事は、今までよりも考えが広がったことです。デメリットは日本に帰って日本人と物の考え方が少し違う事もしばしばあった事です。

最後に、今LILLEのEcole Centraleで学ばれていますが、将来はどんなお仕事をしたいですか?

自分の育った環境から、海外に興味がありますので、エンジニアとして、いろいろな国で仕事ができたらと思ってます。 

この度はインタビューにお答え頂き、ありがとうございました。これからのご活躍を楽しみにしております。