教科書の単元の中から、一年生は「うみのかくれんぼ(説明文)」、二年生は「どうぶつ園のじゅういさん(説明文)」を勉強しました。また、一年生似ているカタカナ探しをしたり、カタカナしりとりゲームをしながら楽しくカタカナの総復習をしました。二年生は漢字テスト、漢字学習をがんばりました。

ちょうどお月見が近かったので、文化活動をしました。お月見について、子供たちは大体のことを知っていました。どうしてお団子を供えるのか、だれに供えるのか、一つ一つ確認していきました。昔の人は実りや豊作に感謝する気持ちが今よりもとても強かったことなども、子供達には新鮮に感じたようでした。続いて、「うさぎが月にいるりゆう」のお話では、その「りゆう」について悲しくなってしまった子もいましたが、みんな真剣に話を聞いていました。その後、国によっては月にいるものが違うことや、いろいろが考え方があることを知り、月にはどんな生き物がいるか自由に想像してもらいました。そして、クレヨンと水彩絵の具を使ったはじき絵で月を描きました。この時水と油は混ざらないことなども勉強しました。王道のうさぎを描く生徒が多かったですね。

この文化活動通して、子供同士でたくさんの会話やコミュニケーションがあったのもとてもよかったです。みんなで日本の伝統行事を一緒に感じられてよかったです。
otsukimi

9月低学年